あなたの街のオープンデータ推進をサポートします!

サービスのご紹介

OPEN DATA STACK サービスメニュー

本サービスは、以下の四つのサービスメニューで構成されています。

  • オープンデータの推進支援 – 計画化やデータ整備・設計・作成(データクレンジング)支援
  • オープンデータの自動生成支援 – ホームページ等からの自動生成支援
  • データカタログの構築及び運用 – オープンデータを公開するための環境の作成や運営の支援
  • オープンデータの活用支援 – アイデア・アプリコンテスト等の運営や自治体様によるデータの活用支援

自治体様の推進状況合わせて、必要となるサービスだけをピックアップしたご利用が可能です。

OPEN DATA STACK のサービスイメージ

オープンデータの推進支援 – 計画化のご支援
各部門の保有・公開済みデータの棚卸を行い、また住民や自治体様の要望を整理し、オープンデータへの取り組みを計画化します。「なにから手を付ければよいのだろう?」と悩んでいる自治体様も多いかと思いますが、古いデータだから価値が無いということはありません。二次利用可能な形で公開することにより多くの企業やユーザがそのデータの利活用を検討することが可能になります。
オープンデータの推進支援 – データ整備・設計・作成(データクレンジング)支援
新規に公開するオープンデータの設計・作成支援、保有する行政データの整理やデータフォーマット変換(CSVやJson等)の自動化、RDFモデルの構築等を代行いたします。

機械可読性を向上したデータ形式での公開

Microsft Excel形式等で作成されたデータを、CSV形式やXML・Json形式等のオープンフォーマットで公開(誰でも利用可能なソフトウェアに対応)します。
機械可読性の向上させるためには、採用するオープンフォーマットへの特製に合わせて、本来は人が読む帳表して作成されたExcel等のレイアウト情報などの不要な情報の削除、データの取りまとめ(経年データを一つに纏める)などのデータ整形作業を実施する必要があります。
具体的な事例としては、よくあるご質問 相談事例をご参照下さい。

オープンデータの自動生成支援 -ホームページ等からのデータ自動生成支援
既にオープンデータとしてでなくともホームページにて情報を公開している場合は、そこからデータの作成を実施することも可能です。例えば、特定のルールを持って定期的に更新されているページなどは、弊社独自のツールにてホームページからのデータ化(スクレイピング)実施が可能です。
データカタログの構築及び運用
オープンデータを公開する方法としては大きく分けて、自治体様のHPにて直接公開する方法と、データカタログとよばれるオープンデータを公開することに特化したWebシステムを運用する方法があります。それぞれメリット・デメリットがあり、自治体様の状況や計画にあわせたご提案も可能です。

データカタログの構築 – CKANによるオープンデータ専用の公開環境

専用のデータカタログにて公開をご希望される場合は、国内外で自治体様での利用実績が非常に多いCKANを用いたデータカタログサイトの導入を支援します。基本的には、各自治体様のHP等での公開よりも、より検索性の高いデータカタログサイトの構築をお勧めしています。自治体専用のデータカタログサイトの構築はもちろん、複数の自治体で運営するデータカタログサイトの構築・運営支援も実施しております。

データカタログの運用 – メタデータ生成・登録

データカタログへの登録にあたっては、検索性を高めるためメタデータの付与が必要です。本サービスでは、データを整備するあたり、合わせてメタデータの定義を行い、その登録・更新等の運用を実施し職員様の負担を減らします。業務運用支援だけでなく、データカタログの死活監視やサイトの運用保守も合わせてご提供可能です。

オープンデータの活用支援 – アイデア・アプリコンテスト等の運営や自治体様によるデータの活用支援
公開されたデータは、利用者からのフィードバックを受けることでより信頼性の高いデータとなり、その要望等を踏まえて今後の推進計画に反映していくことが重要です。このような様々な目的をもって多くの自治体様でアプリコンテストを実施されておりますが、本サービスでも公開後のデータの活用支援として、アプリコンテストの開催(運用および告知活動支援)やFacebook等でのソーシャルコミニティーの運営等も支援いたします。

詳細は、自治体様へのオープンデータ推進の導入事例よりご確認ください。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-5244-4113 受付時間 10:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP