総務省は3月25日、全国の自治体の観光情報をオープンデータとして提供するウェブサイト「公共クラウドシステム」を公開した。

 公共クラウドシステムは、公開APIの機能を備えているため、利用規約の条件の下、掲載データについて「自治体の観光情報の一括取得」「アプリケーションの開発」「二次利用(編集、加工など)による新たなコンテンツの作成」「データ分析によるサービスの高度化・効率化」などが可能という。

 現在は観光分野の情報のみに対応しているが、今後順次「公共施設情報(美術館、コンサートホールなど)」「地域産品情報」「企業誘致情報(産業用地、ビジネス環境)」などを拡充するとした。
  総務省は同日、全国の自治体での居住や就労などの情報を提供するポータルサイト 「全国移住ナビ」の開設を発表した。4月中旬までに開設する予定としている。


公共クラウドシステム

公共クラウドシステム



詳細はZDNet Japanよりご確認ください。